津山城100名城スタンプ・御城印|満開の桜現地レポ(岡山県津山市)

津山城の日本100名城・御城印情報
「津山城(岡山県)は、どんなお城?」
「現存している建物や石垣は?」
「日本100名城(続日本100名城)のスタンプはどこで押せる?」
などなど、写真付きの現地レポでお伝えします^^

津山城(岡山県)とは?

tsuyamajo-sakura009
岡山県津山市にある津山城つやまじょう一二三段ひふみだん」と呼ばれる三段構えの縄張りが圧巻です。
城内に1000本以上の桜がある、西日本を代表する桜の名所。

tsuyamajo-sakura022
「三大平山城」「日本さくら名所100選」「日本の歴史公園100選」日本100名城の67番です。

津山城(岡山県)のスタンプ情報。設置場所や時間は?

100名城スタンプ情報
スタンプ 津山城の日本100名城スタンプ
番号 日本100名城「67番」
スタンプ設置場所 津山城備中櫓受付
スタンプ可能時間(営業時間) 【4~9月】8:40-19:00
【4~9月】8:40-17:00
【さくらまつりり期間中】7:30~
公式サイト 津山市 公式サイト
津山市公式観光サイト

tsuyamajo-sakura057
津山城のスタンプは、津山城内の本丸にある備中櫓受付にていただけます。

津山城(鶴山公園)の記念スタンプ
津山城(鶴山公園)の記念スタンプ(備中櫓にて)

津山城「備中櫓」の記念スタンプ
津山城「備中櫓」の記念スタンプ(備中櫓にて)

津山城の御朱印・御城印・城郭符

津山城の御城印は2種類
津山城の御城印は2種類

津山城の御城印
左)津山城を築城した森家の家紋「鶴丸」
右)森家の「鶴丸」と、森家の後に藩主になった松平家の家紋「三つ葉葵」

復元された備中櫓(日本100名城スタンプと同じ場所)で販売されています。
購入時に日付を入れて頂けます。

津山城の御城印を御城印帳に保存
お城EXPOでゲットした「城びと ポケット御城印帳」に保管。御城印を御朱印帳に貼るのは抵抗があったので、ポケット式の御城印帳は「待ってました~」という感じ^^

gojoincho-shirobito003
表紙もカワイイです。

津山城の御城印・城郭符情報
御城印(御朱印)の有無 あり
頒布場所 津山城内の備中櫓受付
料金 300円(2種類あり)

津山城ってどんなお城?

津山城 基本データ
築城者(年) 森忠政(1603年)
主な城主 山名氏、森氏、松平氏
有名な戦いの舞台
お城の構造・種類 梯郭式・平山城
見どころ・現存する遺構 石垣、堀、備中櫓(再建)、塀(再建)
乳金物(饅頭金物)
天守
サクッと津山城年表
1603年 森忠政(森蘭丸の弟)が入城、築城に着手
1616年 越後国 高田藩から10万石で松平宣富が入る
1900年 城跡を町が所有し、鶴山公園になる。桜が植えられる
2005年 備中櫓が復元

tsuyamajo-sakura031
津山城は森忠政(森蘭丸の弟)が関ケ原の戦いの後に13年かけて築城。

森忠政
織田信長の家臣で槍の使い手として「攻めの三左」と呼ばれた森可成の子供。兄に”鬼武蔵”森長可、森蘭丸など。信濃川中島藩主を経て美作津山藩主へ。大坂の夏の陣で活躍。

tsuyamajo-sakura025
現在は鶴山公園かくぜんこうえんとして整備されている津山城。鶴山つやまという山の山頂に築かれていることから、「鶴山城」という別名も。日本三大山城のひとつに数えられます。

「津山城(岡山県)」の見どころ 現地レポ

見どころ・現存する遺構・文化財
【現存】石垣、堀 
【復元】備中櫓

tsuyamajo-sakura027
前日に「津山セントラルホテルアネックス 津山城前」に宿泊。早朝散歩しました。正面にある石垣にワクワク。

tsuyamajo-sakura013
うわー!桜と菜の花のコラボ。まだお城に入っていないのですでに満足。

tsuyamajo-sakura032
津山城は通常時は8:40分~開園ですが、さくらまつり期間中は7:30~開園。9時過ぎからドッと人が増えるので、人が少ない朝の散策がオススメです。
*備中櫓の見学時間は9:00~(無料)

一二三段(ひふみだん)と呼ばれる三段構えの縄張り

tsuyamajo-sakura033
津山城のシンボルが一二三段(ひふみだん)と呼ばれる三段構えの縄張り。下から見上げるひな段状に積まれた石垣が圧巻です。石垣は当時のまま現存しています。

tsuyamajo-sakura030
山頂には五重の天守があり、天守を取り囲むように櫓は60棟以上あったとか。その数、全国のお城でもトップクラス

tsuyamajo-sakura009
藩校跡から眺める本丸方面。まるで桜の雲海です。

tsuyamajo-sakura034
「日本さくら名所100選」に選ばれ、「西日本随一の桜名所」とも言われるのも納得の絶景です。

tsuyamajo-sakura041
写真で伝わるかわかりませんが、桜と石垣のコラボが素晴らしすぎて・・

tsuyamajo-sakura040
感動しっぱなしでした。

tsuyamajo-sakura039
高石垣に囲まれた道を歩いて本丸へ。

tsuyamajo-sakura047
こうして見るとかなり高低差があるのがわかります。

hikonejo-sakura006
本丸に到着すると、待ち受けていたのは五重の天守。その高さ約5m!

tsuyamajo-sakura048
本丸の奥に存在した粟積櫓あわづみやぐらあとへ。

tsuyamajo-sakura054
怖い怖い。石垣の端はまじで危険です。

tsuyamajo-sakura045
上から見ると複雑な縄張りがよくわかりますね。天守に到着するまでに桝形虎口が連続。かなり防御を意識した縄張りになっています。

復元された備中櫓

tsuyamajo-sakura044
津山城築城400年を記念して2005年に復元された2階建ての備中櫓。かつて城内にあった櫓の中で最大のもの。ありがたいことに無料で見学できます。日本100名城スタンプ・御城印は備中櫓内で頂けます。

備中櫓の見学時間
【入館】9:00~16:30
【さくらまつり期間中】9:00~18:30
【料金】無料

tsuyamajo-sakura059
備中櫓内から眺める津山市内。絶景です。

tsuyamajo-sakura049
備中櫓横にはベンチが設置してあり、贅沢な景色をのんびりと眺められます。

天守台で恋が成就するハートの石を探せ!

tsuyamajo-sakura064
天守台から眺める備中櫓。
かつては五重の天守があったという津山城。残念ながら天守は明治の「廃城令」で破却されてしまいますが、見たかったですねぇ。妄想を膨らませます。

tsuyamajo-sakura061
天守台には「愛の奇石」と呼ばれる「ハート型の石」が。

tsuyamajo-sakura062
この石に触れたカップルは恋が成就するというウ・ワ・サ。

tsuyamajo-sakura004
天守台にはかつては、五重の天守がありました。しかし外様大名の森忠政が「五重の天守」を造るとなると、良くも悪くも目立ちます。幕府に「謀反でも企んでいるのでは?」と目をつけられても不思議じゃありません。

tsuyamajo-sakura019
幕府に問い詰められた森忠政は、「四重の天守ですけど?」と主張。後日、幕府から調査の使者が来ると知ると、急いで4階の屋根を壊して、「四重の天守ですけど、なにか?」と、ごまかしたと伝わります。

そこまでして5重にこだわった理由は何だったのか・・?笑とっても気になりますが、なんだか憎めない人柄が伝わってきます。

西日本を代表する桜の名所

tsuyamajo-sakura001
さすが、西日本を代表する桜の名所のひとつ。石垣をバックに咲き乱れる桜が見事で感動しました。

hikonejo-sakura004
この景観を造ったのがこの方、福井純一氏。明治に公園化された津山城に桜を植え、「城跡を桜で埋めるなんて、阿呆の沙汰じゃ」と言われながらも、私財を投じて寄付したんだとか。生涯の大半を津山城の桜にかけたというとんでもないお方。素晴らしい景観をありがとうございます(涙)

津山城(岡山県)のアクセス

津山城(岡山県)のアクセス
住所 〒708-0022 岡山県津山市山下135
アクセス ・JR津山駅から徒歩約10分
津山城周辺のホテルを探す楽天トラベル / じゃらん
津山城城行きのバスツアーを探すクラブツーリズム
駐車場 津山観光センター駐車場 普通車30台

tsuyamajo-sakura026
(ホテルの部屋からの景色)
管理人は津山セントラルホテルアネックス 津山城前に宿泊。本当に津山城の目の前で、部屋から桜も丸見え。部屋に荷物をおいたままチェックアウト前の早朝に津山城を散策。まだ空いている時間で、チェックアウト時間までゆっくり楽しめました^^

津山城の周辺情報

中山神社(津山城から車で約10分)

美作国一宮。
津山城の四脚門が移築されている。

徳守神社(津山城から車で約5分)

tsuyamajo-sakura016
津山城下の総鎮守「徳守神社」。
本殿に見事な彫刻があり、県の重要文化財。

tsuyamajo-sakura017
カワイイ御朱印もいただけます。

まとめ

津山城の関連記事


津山城関連の書籍


便利なバスツアーもある
全国の100名城めぐり・続日本100名城めぐりに行きたいけど気軽に行けない方の為に、
バスツアーなんてのもあります。


・山城で電車じゃとても行けそうにない・・
・車の運転が苦手・・
・お城好きの仲間と出会いたい・・

そんな時はバスツアーを利用するのもアリかも^^

≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!
(行きたいお城名を検索してみてください^^)

良かったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA